沖田杏梨は爆乳を持ちスタイルが良いAV女優

おっぱいが大きなAV女優に憧れるということがあるのではないでしょうか。
そういうAV女優の一人として沖田杏梨(おきたあんり)がいます。
沖田杏梨はイギリスのバーミンガム出身で、その豊満なボディーが魅力的なAV女優です。
これから沖田杏梨の魅力について詳しく紹介していきますので、読んでみて興味があるなあというのであれば、エロ動画などでぜひとも作品をご覧になってください。

沖田杏梨は爆乳おっぱいを持つ

沖田杏梨と言えば何といってもおっぱいが大きいということです。
身長は168cmと長身ながらすらっとしているのですが、おっぱいに関してはLカップでバストが105cmもあります。
Lカップというのはアルファベットの12番目に当たりますので、これだけでもおっぱいが大きいことが分かり、巨乳ではなく爆乳と言ったほうがいいでしょう。
おっぱいが大きな人はおっぱいが垂れるということがありがちなことですが、彼女のおっぱいはお椀のような形になっており、ボビューミーなおっぱいなのが分かります。
Lカップのおっぱいを持つととても重そうに見えるのですが、垂れておらずにきちんとした形を保っていることがエロ速などを見ても分かります。

彼女が出演する作品はおっぱいを活かしたものが多い

沖田杏梨はこれほどの爆乳を持ちますので、AVデビューをする前にキャンペーンをさまざまと行っています。
2010年11月には顔を一切公開せずにインターネットの動画サイトに告知することになり、同年12月には初グラビアが週刊大衆で掲載され、そして初のヌードグラビア写真集を発売しています。
いよいよ満を持して2011年2月にAVデビューをすることになります。
その際に体に対して1億円の保険金をかけたことが話題になります。
彼女のおっぱいだけでも1億円をかけて意味はあるのではないでしょうか。
その後SODで観月あかねという名前で作品を出すことになりますので、SODで作品を出すときには観月あかね名義で活動を行い、その他のメーカーで作品を出すときには沖田杏梨名義で活動を行っていきます。
そのため、ブログやTwitterに関しても2つあります。
しかし、2014年からはMOODYZ専属女優になりますので、今まで2つあったブログ等は沖田杏梨名義のもののみが随時更新されています。
沖田杏梨の作品についてはやはり爆乳と呼ばれるおっぱいを活かしたものが多くなっています。
そのため、タイトルを見ただけでそういうものを活かした作品が多いんだなということが分かりやすいでしょう。
例えば、爆乳若妻や人類最強ボディー、爆乳インストラクター、爆乳ソープ嬢、爆乳OLなどの印象的な文言が出てきます。
そういう文言が出てきて沖田杏梨が出てきているのであれば、おそらくおっぱいフェチの人は十分に堪能できるのではないでしょうか。

沖田杏梨のAV以外の活動

沖田杏梨はAV女優でありながらもテレビのバラエティーや映画に出演したりしていますし、シングルCDを出していたりするなど結構多彩な活動を行っています。
特にインパクトがあるものとしては2014年4月にコメディ俳優であるチャップマン・トウやジョシー・ホーが主演である香港映画「豪情3D」という作品に出演しています。
この映画のポスターにも起用されているほどの主要キャストを務めています。
沖田杏梨は英語が達者なのでこういう映画にも出演できています。
2015年9月に恵比寿★マスカッツと呼ばれるセクシーアイドルグループに在籍することになります。
テレビ東京系で毎週水曜深夜に放送されているおぎやはぎと大久保佳代子がMCをやっている番組であるマスカットナイトのレギュラーとして出演していました。
しかし、2016年2月4日に同グループを卒業することになります。
その理由としては海外に活動の場を求めたいからです。


沖田杏梨はバイリンガルで大きなおっぱいを持つ

沖田杏梨の魅力と言えば何といっても爆乳と呼ばれるような大きなおっぱいを持つことではないでしょうか。
大きなおっぱいを持っている形が悪いかというとそういうわけでもなく、決してスタイルが悪いということでもありません。
むしろスタイルはすらっとしていると言ってもいいでしょう。
AVではおっぱいを活かした作品が多く、AV以外の活動では英語ができるという特徴を活かしたバイリンガルな活動を行っていくことでしょう。
これからの沖田杏梨の活躍に注目してください。

更新情報